シミ治療

シミ治療
シミの治療は、性質や種類、大きさ、濃さ、範囲によって適した治療法を選択します。
患者様の中には、目立つシミを治療したい方もいれば、広い範囲のシミやそばかすを治療したい方もいます。当院では、QスイッチYAGレーザー「Medlite C6」を使用して、シミの治療を行います。このレーザーには2つの波長があり、肌の浅い部分にあるシミと肌の深い部分にあるシミに対して、レーザーの波長を変えて治療を行います。
老人性色素斑 老人性色素斑は、40代以降に多くできるシミで、紫外線を浴びることが原因とされています。顔以外にも、手の甲や背中、肩、腕など露出が多い部分に多く現れ、淡褐色から濃褐色の色素斑です。早い人では20代から現れることもあります。
炎症性色素沈着 炎症性色素沈着は、ニキビや火傷、化粧品によるかぶれなど、肌の炎症が治った後に残る色素沈着です。年齢や性別に関係なく現れ、シミができる部位も様々です。炎症性色素沈着の多くは、時間の経過とともに薄くなってきますが、衣服の擦れや、洗顔や化粧落としの際の強い摩擦による刺激によって、シミが残ることもあります。カミソリによる剃毛によって生じることもあります。
雀卵斑(そばかす) 雀卵斑は、一般的にそばかすと呼ばれるシミで、小さな丸い斑点が頬や鼻の周りに現れます。雀卵斑の原因は遺伝性と言われており、紫外線を浴びた影響で色が濃くなることもあります。雀卵斑は、小学生から思春期にかけて現れ、大人になって消えることも多く見受けられますが、肌の酸化などが原因で残る場合もあります。
肝斑 主に女性に多く見受けられるシミで、女性ホルモンが関係していると言われています。
特徴としては、薄い茶褐色で、左右の頬に対称的に現れます。フォトフェイシャルなどの光治療で悪化するケースもありますが、近年ではレーザートーニングで治療することができるようになりました。
ADM
(対称性真皮メラノサイトーシス)
ADMは、遅発性両側性太田母斑とも呼ばれ、青味や灰色がかった色が特徴です。
皮膚の深層にできるADMは、細胞の異常増殖が原因で発症する腫瘍の一種です。よく、肝斑との判別がつきにくいと言われていますが、顔の片側にだけ現れる場合もあり、目の周りや、額、頬など広範囲に現れることが、肝斑と大きく違うところです。ADMは、ターンオーバーをしない真皮層に増殖していくため、シミの範囲が広がりやすい特徴があります。皮膚の深い所に存在しているADMは、シミではなくアザの一種に分類されます。
脂漏性角化症 脂漏性角化症は、30代を過ぎた頃から現れるシミで、少し盛り上がったイボ状であることが特徴です。脂漏性角化症は、良性腫瘍の一種として分類され、褐色、黒褐色など色調も様々です。遺伝的な要素が原因として考えられていますが、高齢者に多く見られることから老化現象の一つと言われています。また、顔、肩、手の甲などに多く見られることから、紫外線の影響も原因として考えられています。
花弁状色素斑 花弁状色素斑は、強い紫外線を浴びたことが原因で、海水浴やキャンプなど野外での日焼けが主な要因としてあげられます。特に、「皮がむける」、「水ぶくれができる」といった火傷に近い日焼けをした数ヶ月後に、肩や背中に花びら状のシミとして現れます。花弁状色素斑は、通常のシミよりも深い真皮層までダメージを受けることで発症しますので、治りにくいことが特徴です。
摩擦黒皮症 摩擦黒皮症は、ぼんやりと黒ずんだシミで、広い範囲に現れることが特徴です。
摩擦黒皮症は、その名の通り、摩擦による刺激が繰り返し加わることによって、生じる色素沈着です。摩擦の刺激によって生成されたメラニンが、真皮にまで入り込んでしまうことが原因で、皮膚の深い所に溜まったメラニンが、表皮を通して黒いシミとして見えるのが摩擦黒皮症です。下着などの衣類による摩擦などが主な要因です。
2つの波長でシミを撃退QスイッチYAGレーザーMedlite C6
QスイッチYAGレーザー「Medlite C6」は、メラニンに色素にしか反応しないため、周辺のお肌にダメージを与えることなく、様々なシミの治療を行うことができます。
Medlite C6は、1064nmと532nmの2つの波長を選択して照射することができ、表在性色素疾患(肌の浅い部分)と深在性色素疾患(肌の深い部分)のどちらの治療にも対応することができます。

1064nmの波長

深在性色素疾患(肌の深い部分)には1064nmの波長で治療を行います。1064nmの波長は、メラニン色素に穏やかに吸収され、お肌の深い部分にまでレーザーを到達させることができますので、肝斑やADMの治療に用います。シミの改善までは、ある程度の時間を要しますので、根気強く治療を継続することが大切です。

532nmの波長

表在性色素疾患(肌の浅い部分)には532nmの波長で治療を行います。532mの波長は、メラニン色素への吸収が非常に高く、お肌の浅い部分の治療に適していますので、老人性色素斑や雀卵斑(そばかす)の改善効果があります。比較的早く改善が見込めますが、治療後にレーザートーニングを併用することで、より高い治療効果を得ることができます。
瞬時にジャイアントパルスを発振できるQスイッチ技術を採用
Medlite C6には「Qスイッチモード」が採用されています。Qスイッチとは、超高速な電子シャッター機能で、非常に高いピークパワーのレーザーを発振できる技術です。溜まった水を一気に放出させるダムの放水に例えると解りやすいと思いますが、これを超高速で行うことができる機能がQスイッチ機能です。この機能によって、瞬時にジャイアントパルスと呼ばれる極めてエネルギーの高いレーザー光を発振することができ、瞬間的にターゲットであるメラニン色素に作用します。
均一でムラのないレーザー照射を可能としたトップハットビームを実現
従来のYAGレーザーは、ビーム中心部のエネルギーが高く、周辺部のエネルギーが低いガウシアンビームが主流でした。Medlite C6は、ビームの照射密度が均一なトップハットビームという独自のビームプロファイルを実現し、均一でムラのないレーザー照射を可能としています。このトップハットビームを実現したことで、肝斑の治療にも対応できるようになりました。
シミの種類に合わせた治療を行うことが大切です
シミの治療は、シミの種類に合わせた治療を行うことが大切です。皮膚の表層にあるシミは、短期間で改善することが期待できますが、肌の深層にあるシミは、一定の時間をかけて治療することが必要です。しかし、どんなシミでも女性の敵であることには変わりありません。また、見た目には解らない潜在的なシミもありますので、しっかりと診断を受けて、治療法を選択しましょう。

潜在的なシミも見逃さない、「肌画像カウンセリングシステム」

肌画像カウンセリングシステム無料
高解像度の通常写真とUV写真が撮影できる「肌画像カウンセリングシステム」は、目に見える表面のシミから、これから現れる潜在的なシミまで見ることができます。
お肌の悩みである「シミの治療」には、大きな役割を果たします。